タキシード・モーニングのメンテナンス

女性がタキシードとモーニングのメンテナンスを行っている

こだわりのプレス技術で、衣裳が本来持っているフォルムを復元し、衿やステッチもビシッとした、誰が着ても「格好の良い」衣裳に仕上げます。
イタリア製アセテートのタキシードのような特殊素材を使用した衣裳も、安心してお任せください。
また、Wクリーニングで、白や淡色系のタキシードの色のくすみを、本来の美しい色に復元することも可能です。是非お試しください。

メンテナンスの流れ・機材について

超音波洗浄

ジャケットの袖先・衿一周・ポケット口、スラックスのポケット口や裾周り、靴墨のラインなど、
直接皮膚が接触する部分は、汚れが見えなくても皮脂で汚れているため、超音波洗浄で汚れを落とします。
また、プートニアから移ったラベルの除去や刺し傷などの補正も、この工程時に行います。

しみ抜き

ベストをクリーニングガンでシミ抜きしている

折り目に入り込んだ汚れや、脇汗が酸化し黄色く変色した衣裳、
ワインや血液、インクが付着した衣裳等は、ブラッシング洗浄の
工程で除去しきれない場合があります。
そのような特殊な汚れ、しみはひとつずつしみ抜きを行います。
日本全国のクリーニング業者にしみ抜きの指導を行ったり、クリーニング業者の手におえないしみ抜きを依頼されている、当グループ自慢の「しみ抜き」で、きれいさっぱり除去します。

仕上げプレス

白のジャケットをアイロン作業している

シルエットから縫い目のひとつまで、細かなところにも気を使ってプレスで仕上げます。
タキシード・モーニング等のアームホールを丸く取った立体断裁でできた衣裳は、着た時に胸回りが張り出し、立派に素敵に見え、また、全てのステッチや袖先・衿がしっかりと張った、格好の良いフォルムを再現します。

サンプルクリーニング・工場見学・パートナー企業募集は≫こちらをクリック